魅力たっぷり薬剤師求人情報

理想の求人情報を見つけましょう。
Home » 看護師と薬剤師求人の違い

看護師と薬剤師求人の違い

一見、「看護師」と「薬剤師」は、近いお仕事のような気がします。

どちらの職業も、それぞれ国家試験を合格する必要がありますので、
プロのお仕事に変わりはありません。

けれども、その携わる内容や職場は異なる部分が多いのです。

「看護師」は、看護の専門家といえるでしょう。
通常、病院や診療所、高齢者施設などで働く場合が多いお仕事ですが、
メインは、患者さんたちのお世話です。

看護師になると、医師の指示を仰ぎながら、入院している患者さんたちのお世話をします。
衣服の着脱から、食事やお風呂のお世話、点滴や注射などの対応や、
時には、手術のときに、医師の補助をしたりもします。

仕事は、日勤と夜勤を交代で行う場合が多く、
その仕事はハードなことから、看護師が不足しているという話もよく聞きます。
しかし、ハードな仕事の分、お給料が良いのも事実です。

また、訪問介護やデイサービスのお仕事もすることができます。
病院などで働くよりは自分のライフスタイルに合わせた仕事をしたいと思う方には、
そのような場所で働くことも、ひとつの選択肢でしょう。

一方、「薬剤師」は、クスリの専門家です。

看護師のように、徹底した患者さんのお世話をするわけではなく、
患者さんが持ってきた医師の処方箋からクスリの調合を行って、
その服用方法などを、その患者さんに伝えるというお仕事です。

また、製薬会社や化粧品企業、食品会社では、日々商品の開発が行われています。
これらの企業に勤める薬剤師は、私たちの生活をより向上させるための商品の開発に励んでいます。

薬剤師は、医療現場以外の職場でも、自分の能力を発揮し、伸ばすことができるという面では、
看護師よりもその幅が広いといえるでしょう。

ですので、看護師の求人は、幅は狭いけれども、
需要は高く、高収入を得られる可能性があります。

一方薬剤師の求人は、幅が広く、
さまざまな分野で活躍ができる可能性があります。

将来、看護師になろうか、薬剤師になろうか迷ったら、
お世話をするのが好きなのか、研究や調剤などを行ってみたいのかで、
求人広告を色々と見て考えながら、決めると良いと思います。